複数の相続人が親の遺産である土地を現物で相続したい場合はどうすればよいか

親の遺産の中に、広大な土地がある場合、そこを有効活用したいと考えている相続人も多いのではないでしょうか。しかし、神戸で税理士ではと地積は広くても、土地の数は一筆しかありません。そのため、相続人が複数いる場合、どのように分ければよいのかが問題になります。

このような場合、まず法定相続分にしたがって持分を共有する方法が考えられます。しかし、その後処分したり、担保に入れたりする場合、相続人全員で手続きしなければならない手間があります。また、相続人が死亡してさらに相続が発生した場合、権利関係が複雑になってしまうデメリットもあるのです。したがって、一つの土地を複数の相続人が相続する場合、まず均等に土地を分けるとよいでしょう。一筆の土地を分けることを分筆と言いますが、この手続きをした後に、各相続人へ名義変更すればよいのです。分筆手続きをする場合、隣地の所有者との調整が必要となるので、少し手続きに時間がかかりますが、この方法で相続手続きを進めれば、スッキリ相続人同士で遺産分割を行えるでしょう。