親から土地を相続した場合で相続しても使用する予定がないときはどうすればよいか

今でこそ複数の土地や建物などの不動産を所有することは難しいですが、大阪の相続相談でなら高度成長期からバブル時代にかけては、人々は皆お金に余裕があったので、複数の不動産を所有しているケースも少なくありませんでした。そのため、親が亡くなって相続が発生した場合、遺産の中に地方にある使用していない土地が発見されることも少なくありません。相続人は皆、このような土地を相続しても誰も使用しない場合が多いでしょう。そのため、どのように相続すればよいのか迷ってしまうケースが結構あります。

使用する予定のない不動産を親から相続した場合、売却して現金化してしまうのがよいでしょう。不動産を所有していると基本的に固定資産税がかかるので、維持するだけで費用が発生します。また、複数の相続人がいる場合、現金化したほうが均等に相続しやすくなります。相続した不動産を売却して、各相続人が相続分に割合に応じて現金を相続することを換価分割と言いますが、この遺産分割方法で相続手続きを進めるとよいでしょう。