土地だけは遺産として残してほしくないと思う理由

親からの遺産として、おそらく私には土地が回ってくるかとは思うのですが、大阪で相続手続きならでは正直に言いますと土地をもらっても困ります。これまた正直に言いますと、「土地よりもその土地相当の現金で欲しい」なんてことも思ってしまいます。そもそも親からの遺産について、子供が申し出ることも失礼だとは思うのですが。

しかし、やっぱり土地をもらっても困りますので、どこかのタイミングで親にはお願いしたいとは思うのです。なんだったらもう国に寄付してしまってもいいんじゃないかぐらいに思いますね。だって数年前に自分で土地を購入した時でさえも、「土地って購入も管理も面倒臭い」なんてこと思ってしまいましたから。

だって土地を購入するのには書類提出だって必要ですからね。個人間で売買するにしても、役所に提出する書類があるのですから。そしてまた土地の評価額を出してもらわなくてはならないのですよね。ですから役所から誰やらが来ましたし、それに測量会社に測量調査などもしてもらいましたから。まあ面倒だったのです。

なのでこれ以上自分の管理する土地が増えるのはノーセンキューですから、申し訳ないのですけれど、土地だけは遺産として残してほしくはないなーと思っています。まあ親にはいえないですけれど。